弱酸性化粧水おすすめランキング※必見!最新アイテム2018年版

ここは弱酸性化粧水のおすすめをランキング順で紹介していくサイトです。

 

弱酸性,化粧水,おすすめ,敏感肌

 

  • 弱酸性化粧水っていっぱいあるけど、ホントのところおすすめってどれなの?
  •  

  • 人気の高い弱酸性化粧水をパパっと知りたい

 

といったアナタのお役に立てれば幸いです。

 

弱酸性化粧水のおすすめランキングを発表!

 

では、実際にランキングを1位から順に見ていきましょう。

 

順位は、商品の成分や品質、安全性、コスパ、メディアやネットでの評判などを総合して独断で決めています。

 

おすすめの弱酸性化粧水1位 【KYOKIORA(キョウキオラ)トライアルセット】

おすすめの弱酸性化粧水1位 キョウキオラ トライアルセットの特徴

KYOKIORAの特徴は、

・スプレータイプの化粧水
・独自製法による界面活性剤フリーの浸透力
・弱酸性だから肌にやさしく、悪玉菌の繁殖を抑制
・超微細ミスト
・無菌状態で充填
・無添加
・国産品
・エアゾール缶使用
・乾燥した唇のケアにも使える
などです。

価格 評価
1,500円 評価5
備考
税込。初回1,500円、送料・代引き手数料込み、ドライスキンケアクリーム5g、コスメポーチ付き
おすすめの弱酸性化粧水1位 キョウキオラ トライアルセットの総評

独自の技術で界面活性剤を使わずに、浸透力を高めた化粧水です。

無添加かつ100%弱酸性純水なので、肌断食や肌がデリケートなお子さんにも使えるのが魅力。
価格もかなりリーズナブルなので、お財布への負担を心配することなく使い続けられると思います。
コスパの良さ、使いやすさなどから1位にふさわしいです。


▼ここなら豪華特典付きセットが特別価格!公式サイトはこちら▼

 

【KYOKIORA(キョウキオラ)トライアルセット】

 

おすすめの弱酸性化粧水2位 Dewte(デューテ)

おすすめの弱酸性化粧水2位 Dewte(デューテ)の特徴

Dewte(デューテ)の特徴は、

・医薬部外品
・ラメラ-ヴェールケア採用
・独自成分Wトレハ-コラーゲン配合
・カンゾウの花エキス、カンゾウの根エキス、ボタンエキス、カッコンエキス、プルーン酵素エキス、プラセンタ配合
・8つのフリー
・全身に使える
・ISO認証取得の徹底した品質管理
・モンドセレクション2017銀賞受賞
・ニキビあとケア化粧品部門7冠獲得
・専門スタッフによる電話・メールでのサポート
などです。

価格 評価
6,980円 評価4
備考
税込。定期コース申し込みで86%OFFの980円、送料無料、90日間返金保証
おすすめの弱酸性化粧水2位 Dewte(デューテ)の総評

ニキビあとケア向けの化粧水です。

独自成分、美容成分が豊富に含まれているのが特徴ですね。
初回がの価格が1000円以下とお求めやすく、90日間返金保証付きとお試ししやすくなっています。
一方定期コースの場合、2回目以降がピュアウォーターと比べて高くなっています。
ニキビあとのケアができる弱酸性化粧水をお探しの方はこちらがおすすめです。


▼安心の90日間の全額返金保証付き!公式サイトはこちら▼

 

Dewte(デューテ)

 

おすすめの弱酸性化粧水3位 EauJeune(オージュンヌ)

おすすめの弱酸性化粧水3位 オージュンヌの特徴

オージュンヌの特徴は、

・濃密ミネラル土壌の「霧島の水」使用
・白金ナノコロイド、スキンケア用弱酸性水配合
・シソエキス、アロエエキス配合
・無添加
・特殊電解槽を使った独自製法
・全身に使える
・日本の工場で徹底した品質管理のうえ製造
・テレビでの紹介実績あり
・雑誌掲載実績あり
などです。

価格 評価
7,980円 評価3
備考
税込。定期コース申し込みで初回50%OFFの3,990円、送料・決済手数料無料
おすすめの弱酸性化粧水3位 オージュンヌの総評

化粧水の大半を占める「水」にこだわっている化粧水です。

スキンケア用の弱酸性水を霧島の水から独自製法で生成していて、高い整肌力・保湿力をもっています。
といっても元は水なので、肌への刺激の心配がなく敏感肌でも安心して使っていけます。
ただ価格は初回、2回目以降ともに他の化粧水よりも高く、保証も付いていないので少しはじめにくく感じます。
敏感肌でなかなか自分に合った化粧水にであえない、というかたはこちらがいいかもしれません。


▼定期コースなら初月が50%OFF!公式サイトはこちら▼

 

EauJeune(オージュンヌ)

 

弱酸性化粧水の選び方

敏感肌の方はもちろん、肌がとてもデリケートな赤ちゃんのスキンケア用に弱酸性の化粧水を探している方は結構多いのではないかと思います。

 

弱酸性,化粧水,おすすめ,敏感肌

 

そこでここでは弱酸性の化粧水の探し方、また選ぶ際に注意しておきたい重要ポイントを解説していきます。

 

まずは探し方についてお伝えしていきます。

 

基本的には、商品ページの表記を確認することで弱酸性かどうか知ることができます。

 

商品によってはズバッと「弱酸性」と書いているものもあります。

 

書いてない場合も、顔以外の全身にも使える、敏感・アトピーでも使える、赤ちゃんやお年寄りを含めて家族全員で使えるなどと書かれている場合は、弱酸性の可能性が高いです。

 

とはいえ推測だけで決めつけるのは危険なので、明確な記載がなくて気になる場合は電話やメールで問い合わせてみるのが一番確実かと思います。

 

次に、無添加かどうかは注意しておきたいポイントです。

 

そもそも弱酸性化粧水をお探しなのは、肌が弱いからできるだけ肌にやさしいのを使いたい、デリケートな肌の赤ちゃんに使いたい、などの理由からだと思います。

 

なので刺激の強い成分が含まれていたり、容器の安全性に不安があるとあまり意味がありません。

 

弱酸性化粧水を選ぶときには弱酸性であることの他に、防腐剤やエタノールなのでアルコール分、界面活性剤や着色料、香料などが含まれていないこと、また容器の安全性についてもチェックしておきたいところです。

 

加えて、パッチテストなどの安全性テストを行っているかどうかも確認しておくと、失敗する可能性を下げることができるでしょう。

 

以上の2点を意識して、弱酸性化粧水選びに取り組んでみてください。

 

弱酸性化粧水の使い方

弱酸性化粧水の使用方法は、化粧水の種類別で微妙に違ってきます。

 

弱酸性,化粧水,おすすめ,敏感肌

 

ささいな違いだと思いがちですがメーカーが推奨する使い方がある場合、指定された使用方法が最適となるのでそれに従って使ったほうが効果を実感しやすいです。

 

その前提のうえで、それぞれのタイプの使い方を見ていきましょう。

 

まずは共通事項について。

 

弱酸性化粧水は肌にやさしいという特徴から、顔以外の全身、肌がデリケートな赤ちゃんに使っても大丈夫ケースが多いです。

 

使い方はお風呂上がりのお肌がキレイなときに、適量を取り出して全身に伸ばしながらなじませます。

 

特に乾燥している部位に関しては、2度づけするといいです。

 

次にスプレータイプの使い方について。

 

洗顔後にスプレーを顔から15センチ程離して円を描くように全体に吹きかけ、指の腹や手のひらを使ってやさしくなじませます。

 

しっかり浸透したら、普段使っているジェル・クリーム・乳液をつけていきます。

 

なおスプレータイプは使う前に振ってしまうと、適量をすべて出し切れない可能性があるので注意してください。

 

最後にオーソドックスなボトルタイプを使う場合。

 

基本的にはスプレータイプと同じく、朝と夜に顔を洗ったあと使います。

 

そうして汚れが落ちきったキレイな状態の肌に、メーカーが推奨している量をつけます。

 

顔全体に伸ばしたら、手のひらで覆って軽く押しながらなじませます。

 

肌あれを感じるときは、何回か繰り返して化粧水を肌にしっかりと浸透させていきましょう。

 

やっぱり一番おすすめなのは、1位のKYOKIORA ピュアウォーター!

ここまで弱酸性化粧水のおすすめをランキングでお伝えしてきましたが、わたしがイチオシしたいのは1位のキョウキオラ トライアルセットです。

 

弱酸性,化粧水,おすすめ,敏感肌

 

界面活性剤などの薬品を使わず独自製法で浸透力を引き出していて、さらに無添加なので日頃のスキンケアで疲れている肌のための肌断食、肌が敏感なご家族も一緒に使っていけます。

 

価格はトライアルセット・化粧水単品ともにお安くなっています。

 

ちょっと試してみたい方はもちろん、使ってみてしっくりきたから続けたいという方も気軽に購入できるかと思います。

 

また容器は信頼性の高いエアゾール缶を使用、無菌状態で充填してるから安全性についても心配がありません。

 

徹底した肌へのやさしさ、使い勝手の良さ、安全性の高さ、負担の少ない価格、口コミサイトでの人気の高さなどをバランス良く考えれば、キョウキオラ トライアルセットが一番おすすめできます!


弱酸性,化粧水,おすすめ,敏感肌


▼ここなら豪華特典付きセットが特別価格!公式サイトはこちら▼

 

【KYOKIORA(キョウキオラ)トライアルセット】